歯学科59期生

水浦和洋(元主将)59期

ポジション 投手/右翼手 左投左打  

羽咋高校 背番号10、18

 

我が部の誇った左のエース。

元主将としてチームをまとめる傍ら、飲み会で人を潰しにかかるが、結果的に勝手に潰れていた。

個性派揃いの部をまとめるのに苦労していたはずである。

誰もが驚く成績の伸びっぷりである。

平山聞一(元主将)59期

ポジション 二塁手/捕手 右投右打  

光陵高校  背番号10、17 

 

我が部きっての努力家であった。

噂によると2日に1度筋トレしているらしい。その甲斐あって打率も急上昇した。

運転中はサングラスを欠かさない。

かつてサンリブでバイトしていたことは忘れ去られてしまった。

大場博文(初代体操のお兄さん)59期

ポジション:中堅手 右投右打  

米沢興譲館高校 背番号6

 

朝でも夜でも天然ボケ満載のムードメーカーの筋肉マン。

筋トレとアニメの知識は部内でも指折り。

しかし、遊園地大好きという一面も持つ。

叫びながら打球を追う伝統は誰が継承するのか。

口癖は「とりあえず」。

角田雄太郎  59期

ポジション 投手 右投右打  

香川誠陵高校 背番号1

 

我が部の誇った右のエース。

ボウリングの腕も一級で、ボウリング部も兼部する二刀流。

唯一の弱点は腎臓にあり、飲み会では放っておくと大変なことになる。

弟がバイトを始めたことに関しては、微笑ましく見守っているようである。

古賀裕昭 59期

ポジション 左翼手 右投左打  

戸畑高校 背番号8

 

軽快さはナンバーワン。モノマネさせてもナンバーワン。

今や上級生だが、下級生だった頃から先輩からも「古賀さん」と呼ばれていた。

何気に体の柔軟性もナンバーワンであった。

いつでも優しい古賀さんである。

新垣元基(元料理長)59期

ポジション 右翼手 右投右打 

新潟明訓高校 背番号11 

 

代打の切り札としてチームを支えた、超御人好し。

今年の合宿から料理長にも就任し、大人数分の晩ご飯を作り上げた。

崇拝する仁志が引退して以来、動揺を隠し切れないでいる。

滝沢徹(元デンタル実行委員長)59期

ポジション ノッカー/一塁手 左投右打

清風南海高校 背番号12

 

九歯の兄貴といえばこの人。

デンタル実行委員長として、ただでさえ多忙の中、獅子奮迅の活躍を見せ、無事デンタルを乗り切った。

何かと頼れる人柄からか、マネ陣の視線も独り占めする。

静野さんの後釜でノックも打っていた。