半熟カステラ

 

スイーツ部とは甘いものと対峙すると、目が血走り、見境なく甘いものに飛び付く命知らずな連中の集まりである。現在の正式な部員は二人。1人はスイーツのためなら自らの車をどこまでも乗り回す部長の伊藤さん。そしてもう1人は先日甘いものの食べ過ぎで体調を崩した大馬鹿野郎の僕、吉田である。

 

 

念願の第一回の活動は11月28日の引退試合の後に実現した。

場所はリバーウォーク、井筒屋、コレットを歩いた。はじめは、伊藤さんたっての希望で生ドーナツを探し回ったが見つからず偶然見つけた半熟カステラを買って食べた。店頭にはこの半熟カステラがコンテストで何番とか色々自慢してたが、そんな事どうだっていいのだ。僕達はスイーツが美味しいか美味しくないかだけが問題の血生臭い世界に生きているんだ。とにかく食べよう…食べた…旨かった。冷えていた事もありアイスっぽい食感だ。あとなかに何やらトロッとした練乳のようなものが入ってた。1ホールのカステラに対し、僕と伊藤さん、そして折田さんと松永さんも来てくれたので4人で挑んだが量的には丁度良かったと思う。中身もぎっしりだったし… まぁこんな感じで呆気なく初陣を終えた。もっと色々カステラについて書きたかったが思いつくことも特にないのでやめときます。次もコンディションをしっかり整えて部活に挑みたい。

 

 

ちなみに個人的感想として折田さんはスイーツを食べる姿が似合ってると思ったのでぜひ入部して欲しいが甘いものはそんなに好きではないらしい…残念
キャプテン伊藤さんの車は4人乗りなので車をあやつるゴールデンルーキーの入部を願っている。